ブレストサクセス

【泡の】新宿 Chez Moi~シェモア~【存在意義】

どうも

さて、久々に店名を公表したレポートになります

名だたるメンエストップブロガーさんたちがこぞって絶賛するこのお店に私も凸してきました

ここまでの高評価なら、自分も至福の体験ができると思って間違いないだろう

何の疑いもなくそう思っていました

ですが、結果的には消化不良な結果になりました

では、書いていきます

その日は3連勤の最終日

諸事情が重なりいつも以上に忙しく、まともに休憩も取れない3日間でした

でも仕事が終われば、予約してあるメンズエステに行ける!

そんな思いで仕事をこなし、いやが応にも期待が高まっていました

終業間際のトラブルもなく、予定通りお店に向かいます

受付に電話し、ナビに従いお店に到着してお出迎えしてくれたセラピストさんとご対面

HPの写真からはクールな印象を抱いていましたが、どちらかというとおっとりほんわかした感じのいわゆる「癒し系」な感じ

室内は清掃が行き届いていて清潔感はたっぷりです
ドリンクを頂き、コースの説明を簡単に

「LUXUEUX VIP MOUSSE」というコースを選択していたのですが、「当店の泡は他のお店と違うと思うので楽しみしててください」とセラピストさん
なるほど、かなりの自信をお持ちのようです
これは期待せざるを得ない・・・・

シャワーを浴びて横スカ紙Pをはいて戻ると、セラピストさんはお出迎えの時より大胆な衣装になっています

この衣装ということは、もしや今流行りの「密着系」?
更に期待は高まります

では、施術の流れをパートに区切って感想を述べていきます

■うつ伏せ~カエル足~四つん這い

太ももと股間で私の足をしっかりホールドし、最初からオイルをつけての施術

正直言って、マッサージはあまり上手くないです
でもタイや中国のベテランゴッドハンドの施術を散々受けてきた私が満足するレベルのマッサージなんてそうそうできるものじゃないと思うので、特に気にしません(上から目線ですいません)

臀部付近の割れ目に指がいくと、スローなフェザータッチに移行するのはエロくていいです

その間も当たり障りのない雑談を振られ続けます
もちろんセラピストさんに悪気などあるはずもなく、少しでも早く私との接点を見つけ場を盛り上げようという優しい心配りなのですが、個人的にはそこは会話を控え、妖しい雰囲気を作ってドキドキさせてほしかったなと思います

カエル足は、私の足の下にセラピストさんが自分の足を差し込む形
ですが
この体勢だとベッドと私の股間付近にしっかりとしたスペースが空くため、そこにどんなに深く腕を差し込まれても、正直「接触事故率」はガクンと下がります

前に読んだ体験ブログで、カエル足の時に腰を上げようとしたブロガーさんに「上げないで、できるだけベッドに腰を密着させてください」というアドバイスをしたセラピストさんがいて、最高によくわかってる人だなと思ったことがあります
※結果的に接触事故連発で大満足に終わってたと思います

万が一この記事をメンズエステのセラピストさんが読んでいるとしたら
「細かいしキモッッッッッッそこまでして触られたいのかよ」
と多分思っているでしょうが、ちょっと待ってください

ここ、リピート客獲得の大チャンスです

全員が全員そうとは断言しませんし、お店の方針もあると思いますが、
そこまでして触られたいんです
このパートが残念だと、相当ガッカリします

事故率低めながらも全神経を1点に集中し、8分BK状態を保ち四つん這いに移行します

この四つん這いは、ちょっとSっぽい言葉攻めもあり、ルーアナ付近、というかルーアナダイレクトアタックでかなり良く、ついにFBK到達です

正直、ここがピークでした

■仰向け
背中の拭き取りはなくそのまま仰向けの指示
セラピストさんが添い寝体勢だったり、馬乗り体勢だったりの状態でフェザータッチ攻撃で攻め続けられます
この時はさすがに雑談はなく、私の股間付近を凝視しつつゆっくりと指を這わせるセラピストさんを鏡越しに見て興奮度は高まっていきました

「ではムースを用意してくるのでこちらの紙パンツに履き替えてください」
そういってスリットの入ったトランクスを渡されたので、履き替えておとなしく待ちます

■ムース
セラピストさんが戻ってきていよいよ最大のヤマ場と思われるムース施術の開始です

セラピストがさんがムースの泡を私のトランクスの中に詰めていきます
かなり「固さ」のある泡なので、多分ローションを大量に混ぜたものと思われます

泡の中でセラピストさんの指が踊ります、踊ります、踊ります
踊っていますが


正直泡が固すぎて、セラピストさんの指は泡を揉んでるだけのような感じです
だからこそオイルよりも大胆に指が踊るのかなとも思いますが、それならオイルでサワサワキワキワされたほうがよかったかなと思います
まあこれは好みの問題かなと思います

固い泡越しでもわかるほどにFBK状態からどんどん萎んでいく私にセラピストさんも気づいたようで
「これあまり気持ちよくないですか?」と聞かれ
「いやあそんなことないすよアハハ」とバレバレの社交辞令しか言えず、若干気まずい空気のままタイムアウトとなりました

では、今回の残念ポイントを挙げていきます

・会話のタイミング
エロいタッチの時は、お互い息を殺して相手を伺うような雰囲気がいいかなーと思います
優しいセラピストさんの気配りがアダになった感じです
そもそも、会話が全然噛み合わなかったってのもあるんですがw
若干天然でしたが、すごく真面目で、ちゃんとおもてなそうという意気込みも感じられるいい子だったのが余計心苦しかったです

・ムース
もうここは正直に聞きたいんですが、泡が好きな人っているんでしょうか?
もっとストレートに聞き方を変えると
「お、泡あるんだこの店!大好きだからこのコース選ぼう!」
という人と
「お、泡あるんだこの店!(泡とかつけられるのちょっと鬱陶しいけど)何かありそうだからつけよう!!」
という人だったら、どっちが多いんでしょう?

私は言うまでもないですが後者です

正直、終わって洗い流すのにものすごい時間がかかりましたw

ということで、お店とシステムとセラピストさんとの私の相性が致命的に悪かったのかなあというのが今回の結論です
あとは、あくまで個人の体験である他のブロガーさんの記事を読んで「自分もきっと同じ満足感を得られるに違いない!」と妄信してしまったことが敗因でしょうか

何にしろ、相性ってほんと大事です
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新お疲れ様です

自分の場合キワの施術やられるとき
「きわどいところマッサージされてるときあんまり話せないんですよねーハハハ」
っていうのを結構言います
多分不正解だと思いますけどねwセラピの方が察していただけたらありがたい

自分は泡に釣られることは正直ないですねー

あとツイッター拝見させていただいてます

Re: No title

>やさん
コメントありがとうございます

ツイッターも見て頂いてるとのことで嬉しいやら恥ずかしいやら。。w
そうですねーストレートに要望を伝えるのも手ですね
ただ自分人見知りなんで。。。w

施術前のアンケートするとこで、たまに「会話の頻度」を聞いてくれるところありますが、個人的にはあれすごいありがたいです。

泡は、、、やっぱりそうですかw
自分の周りにも好きだって人皆無ですw

はじめまして。
入られたセラピストさんは、予約困難な方でしょうか? 確かにキワキワの時には無言を楽しむという事も大切な気はします。

僕も泡は少し苦手です。作るのに最長10分ほど待たさせる事もあるし、お店によっては途中からヒリヒリしてくる事もあるののが辛いですね。お店によってはオプション代は全額バックになるみたいなので、セラピストさんにご祝儀みたいな形で長めに頼む時もありますが。

Re:

>S太さん
コメントありがとうございます

ここは予定出た途端に枠が埋まる圧倒的人気のセラピストさんがいるようですが、他の方も結構満枠行ってるみたいですね

この時のセラピストさんも即埋まりじゃないですが大体満枠になることが多いようです

正直に言って、後でシャワー浴びるのになんで泡を付けなきゃいけないのかが謎だと思っていますw

際どい施術を行うための「免罪符」や「言い訳」の材料なのだとしたら何だか白々しいなとw

泡のピリピリ、私も感じたことがあります
何なんですかねあれ?

オプションもねえ、、、そんなことしなくてもセラピストさんが納得できる給与体系に店側がすべきじゃないのかなと思ってしまうわけですよw

なんだか愚痴っぽいコメント返しになり申し訳ないw

プロフィール

へら

Author:へら
メンズエステ訪問記事を中心に書いてます。
基本日本人・アジア系問わず雑食です。
たまに風俗訪問記事も書くかもしれません。
掲載内容についてお問い合わせ等あればツイッターもしくは該当記事等のコメントよりご連絡ください。(管理人限定閲覧の指定も可能です)

ツイッターアカウントはこちら

ランキング参加中
↓クリックして頂けるとありがたいです

人気ブログランキングへ

広告

見放題ch プレミアム

アダルト動画

最新記事
スポンサーリンク
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR