ブレストサクセス

カルム(2回目)

余力があるので今日は記事2ついっときますw

さて、以前の凸の時は嬢との会話が盛り上がりすぎて全然EROい雰囲気とならなかったのですが、不思議な満足感を得たお店です。

その後何店か他の撫子店を訪問した経験を踏まえ冷静に思い返して考えると、際どさという点ではこの店、かなりのものだったなという結論に達しました。

・・・・他の子で逝ってみるか。

その際どさが以前ついた嬢特有のものなのか、それとも・・・。
それを検証するために再凸です。

今回指名した嬢は、以前の嬢と同様明確な情報があるわけではありませんが、おそらく双璧をなすほどのトップクラスの指名率を誇る人気嬢と思われます。

対面した嬢は小柄ながらも決して太っているわけではない絶妙なムチムチ感を保った、いわゆるトランジスタグラマーという形容がぴったり当てはまるすばらしいバディの持ち主。
それでいて顔はまだ幼さが残る感じで非常に可愛らしいです。

そして肝心の施術はというと、

こりゃまたスゲエって感じでした。

際どさは前回の嬢と同等、いやそれ以上でした。

なんていうか、Aナルの触り方がそれリラクゼーションちゃうでしょって感じですw

さらに、これもまた表現が難しいですが、施術を行う上で滑らせる指の先に何か棒のような障害物があったとしても、それを避けるためにルートを変更することはありません。
だってそれは施術を遂行するには避けられないルートだから。

あと、何か棒のようなものが直立していると施術の関係上、嬢の上腕や二の腕に接触してしまうことがあるので注意が必要ですね。ただし手のひらには極力当たらないよう努力してくれます。

「魁!男塾」という漫画を知ってる人には「男塾名物!直行進軍!」といえばわかりやすいでしょうかw

しかもそれをまた可愛い顔してるのにEROい目つきでやってくるもんだからたまらんす。

何をまわりくどい表現で書いてるんだって話ですが、要するに

健全というくくりの中で繰り出されたギリギリの施術に、嬢の最大限のおもてなしの精神を感じて正直大感動です。

この店、引き出し多いです。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

癒しのナースコール

たまには池袋のお店でも。

池袋の北口にある雑居ビルの2階のお店です。
1階から9階まで満遍なく風俗店が入ったビルなので知ってる人は多いでしょう。

ちなみに私はこのビルの地下1階のお店のVIP会員です。

どのくらいVIPかというと店員にカードの提示を促されることなく割引が受けられるほどです。

ついでに言うとこのお店の元在籍嬢とはかれこれ8年くらいの付き合いで今でもオンラインゲーム仲間です。



すいません

正直残念店なのであまり書くこともないので思いっきり脱線しました。

以前はド健全の撫子店が入っていた場所です。
そのお店は今やレジェンドとも言える某有名ブロガーさんが高評価していたので私も凸ったことがあるのですが、私はその良さを体感することはできませんでした。正直金返せレベル

ラーメンを食いにきたついでに発見したのですが、半端じゃないHPの胡散臭さで一瞬躊躇しました。

こりゃ大穴で大当たりか大外れのどっちかだな・・・。

まあそう思っても自然と足が向かうんですけどね・・・。

受付は結構辛酸を舐めた人生を送ってきてそうなおじさんです。
最初ということで一通りの説明を受け、様子見で80分のコースを選択。

指名はしませんでしたがおじさんが嬢の待機所?に内線をかけてる声が待合室に聞こえてきて担当嬢の名前がわかってしまいました。

なんとなくHPの在籍一覧で該当の嬢の写真をチェック。
おお、ボカシはかかってますが小柄ながらも可愛らしい印象の嬢です。

期待にドキがムネムネしていると迎えに来てくれた嬢とご対面。

うん。

なんとも微妙なパネマジだね。

どうせなら鴬谷の韓国デリ並に突き抜けた感が欲しかったな~。

一言で例えるとすると

とても控え目な松野明美

まんま松野明美は嫌だけど控え目でもなあ・・・。

部屋に通されて分かったのですが、完全居抜きで使ってますね。

前のお店のコンセプトは嬢の制服がパレオで、店の内装も南国風のものでした。
んでそれを居抜きで使ってるので、嬢の制服はナース服で店の内装は南国風というえらいちぐはぐな感じに。

資金不足か、オーナーが細かいことを気にしないザッパーかのどっちかですが、なんだかなーって感じです。
この店のオーナーをエステ界の井戸実と呼びたい気分です。

部屋に備え付けのシャワーでセルフ洗いし、極小Tの神Pはいてうつ伏せからのスタートです。

さすがに松野明美にオイタをする気も起きず、完全マグロでマッサージを受けます。

うーん。これぞ撫子店て感じの力弱めの施術。ツボも外してていいとこないです。
しかし、それより何よりこの嬢、手がひどく荒れていて筋張っています。

あんまり身体的な欠点をあげつらうのは悪いなとは思いますが、見た目以上に施術を受けていて肌にガサガサ感を感じてしまい、「苦労してんのかな・・・」となんだか切ない気持になってしまいました。

リンパも一応ありましたが特に際どさも感じませんでした。

他に当たりな嬢がいるかもしれませんが再チャレンジする気は今のところなしですね。

再訪はないですね。

新宿ままーず

友人のブログでM性感出身のドS嬢に当たって楽しそうだったので2匹目のどじょうを狙って凸です。

受付は中年の男性。
事前情報として得ていた「絶対極楽領域」オプションを追加し、90分の料金と合わせ約15Kを支払い。

まあ恐らくお店側もほとんど隠す気がないと思うのではっきり書きますがオプション=抜きです。
※あくまで私の時はそうだったという話で、サービスを保証するわけではないのであしからず

メンズエステに行く上で最も重視すべきあるのか?ないのか?というドキドキ感を捨ててまでこの店に凸したのは、抜きありの撫子店とはどういった雰囲気なのかを体感したかったからです。内容については嬢の手腕に賭けるのみのはっきりいって博打凸です。

ここの店の在籍写真は見てもあまり得られる情報が少ないですね。小さいし。在籍嬢のルックスについてアピールする気がないような印象です。もうちょっとどうにかならないかなと思います。

会計を済ませ部屋に入り、嬢とご対面です。

どすこい

一目見て頭に浮かんだ一言でした。

ああ、やっぱりそうか。

こりゃ在籍写真小さくしないとね(泣)

そこまでのボリュームじゃなく、顔もbs子ちゃんではないのでぽっちゃり好きならいけると思います。
愛想も悪くありません。

セルフシャワーから神Pは・・・履いたかな?w
すいません忘れましたw

うつ伏せのオーソドックスな指圧からスタート。

最初のマッサージ、悪くありません。

自慢の体重を載せた力強い指圧で全身を揉みほぐしてくれます。

しかし、際どさがゼロで、「ん?もしかして抜き梨の子もいるのか?」と懸念します。

当たり障りのない会話を多少しつつ淡々とマッサージが続き、仰向けコール。

腕や足周りのマッサージも至って生真面目にこなします。

「失礼しまーす」

そう言うや否やいきなり私の股間部分に刺激を加え始める嬢。

うーん。。。。。。

なんか違う

もう完全に、「お店のこのオプションをつけた客には、このサービスをする」というルールに忠実に従っただけ、という感じです。

当たり前だし何が悪いのと言われればそれまでですが、流れとかムード作りとかって大事だと思うんです。

もしかしたら事前情報なしの凸であればサプライズになったかもしれませんが。

私の息子は贅沢者なのでこういう唐突なイジリには全く反応しません。
こうなったら自分で動くしかないので嬢へのオイタを開始します。

胸よりも出ている腹は視界から強制排除して軽くおpいをタッチさせてもらいます。
それくらいなら許容してくれる寛容さはあった模様。苦笑いしつつ股間への刺激を続けてもらいなんとか発射です。

しかし、当局の目も厳しいであろう新宿の撫子店でここまで大っぴらな営業してる店があることに正直驚きです。
セーフとアウトの線引きがなんなのかよくわかりませんw

うーん、嬢によってはいいポテンシャルを持ってる人がいるようですが、再訪はなしですね。

赤坂某店(チャイエス)

今回は、店名を伏せます。
なぜかは内容を読んで頂ければわかると思います。

情報源として価値があるものを書きたいと思ってるので基本的に店名は晒し、施術内容的に大っぴらに書けないような展開になったものについては濁して書くことにしています。

今回はそれを逆に、要するに店名を隠し施術内容を赤裸々に書いてみようと思います。
まあ、たまにはこういう記事があってもいいかなとw

赤坂はフーターズとラーメン屋に行ったくらいで今回まで未凸でした。
情報を調べる限りお店も多く、なかなか評判のよい店もあるようで気になっていました。

残業もなくサクっと仕事を終え予め下調べしてロックオンしていたお店に予約なしで入店。
受付はスタッフとしても名を連ねている店長さんがしてくれました。

事前に調べていた情報通り、この店長さんかなりの美人です。
思わず「店長さんお願いしていいっすかデュフフ」とリクエストしますが接客する順番が決まっているとやんわりとかわされます。

残念ですがまたの機会ということで120分17Kを支払い。
チャイエスとしてはかなり強気の値段設定ですが土地柄もあるしまあしょうがないです。

カーテンを開けると嬢とご対面。
うーむ、濃いめで好き嫌いの別れる顔かもしれませんが目鼻立ちのはっきりした美人さんだと私は思いました。
スタイルは太ってはいませんがおpいが小さく、正直いってメリハリに欠ける感じです。

でもとても愛想よく接してくれて好印象。モンスターなルックスでなければこれだけでもう及第点です。

部屋で全裸になり、洗体室へ。
背面から穴る付近に艶めかしい手つきで指が伸びてきて入念に洗われます。

うむうむ。一安心(何が)

仰向けもガッツリ竿を握られニコニコ笑顔で泡まみれにされます。

パチスロでいうと背面からのアナル接触で強予告(豹柄ナビ的な)、仰向け竿握りでボーナス確定画面て感じですね。

さて、ここからボーナス準備中に突入して昇格抽選に当選させられるかは己の実力次第です。

無駄にパチスロに例えてみましたがあんまり面白くないのでやめます。

部屋に戻り例のごとくうつ伏せからのスタート   かと思いきや

何となく大人しく従わず嬢のブラウスを脱がそうとしてみました。

「ドシタ?ナニスルオニーサン?」

嬢はまだニコニコして拒む様子もなく、すんなり(小さな)おpいがご開帳です。

胸に顔をうずめてみます→嬢、私の頭を抱きかかえナデナデして一言

「ス・ケ・ベ」

乳首を甘噛みしつつ下で転がしてみます→嬢、割と強めの刺激がお好みだったらしく吐息を漏らし私の頭を抱きかかえる腕に力が入ります

嬢のパンティ越しに栗付近を指で刺激してみます→嬢、腰をくねらせ一言

「ス・ケ・ベ」

そのままパンティの側面から指を忍び込ませます→嬢、既にヌルヌルのアソコに指が侵入する寸前に私の手を取り一言

「ス・ケ・ベ」

本丸への突入は敵いませんでしたがこのノリの良さはそうそうない寛容度です。すると

「オニーサンアタシ肩ツカレタヨ マサージシテシテ」

一瞬「あの、俺まだマサージしてもらってないよ」と思いましたがここは素直に従ってみましょう。

嬢をうつ伏せにし、肩と腰を結構まじめにマッサージしてあげました。キモチイキモチイを連発する嬢。
腰をマッサージするついでに股間付近への侵入を試みますがことごとく拒否。

それならばと仰向けにして竿を嬢のパンティ越しにあてがいます。
そこからこすりつけるというよりもパンティ越しに嬢の穴の入り口付近を竿で突いて刺激を与えてみます。

これが予想外に嬢のツボにハマったらしく、恍惚の表情を浮かべこう言うのです。

「ス・ケ・ベ」

言い方が判を押したように同じなので若干笑いそうになります。

そしてここから予想外の展開が。

竿で突いた影響で徐々にパンティがずれてきていたのでしょう。

ぬるっ

私「おおうっ」
嬢「ああんっ」

思わずお互い声が出ます。

はい、本当にありがとうございます。

まさかの城門突破です。

不可抗力とはいえまさかの展開。

そしてなんと嬢は恍惚の表情のまま私にディープキスをかましてくるではないですか。

それに応え、一心不乱に腰を振る私。

興奮しすぎて即発射してしまいました。

その後時間一杯まで合計3発も昇天してしまいました。

お見送り時、店長さんは「今度ねー」と笑顔で手を振ってくれていましたが、今回の嬢を指名しなかったら多分殺されますw
プロフィール

へら

Author:へら
メンズエステ訪問記事を中心に書いてます。
基本日本人・アジア系問わず雑食です。
たまに風俗訪問記事も書くかもしれません。
掲載内容についてお問い合わせ等あればツイッターもしくは該当記事等のコメントよりご連絡ください。(管理人限定閲覧の指定も可能です)

ツイッターアカウントはこちら

ランキング参加中
↓クリックして頂けるとありがたいです

人気ブログランキングへ

広告

見放題ch プレミアム

アダルト動画

最新記事
スポンサーリンク
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR