ブレストサクセス

【番外編】「のぞき部屋」というジャンル(後編)

えー、思ったより長くなってしまったので2つに分けました。

前編はこちら

さて続きです。

■新宿 ピンキー
歌舞伎町には当時4つののぞき部屋がありました。
店名はピンキー以外忘れましたが、ピンキーは区役所裏にあり、他に中央通り、一番街通り、コマ劇前(現・東宝ビル前)にそれぞれあって、コマ劇前以外のお店は踊り子さんの質は相当高いものでした(中にはAV女優が在籍してる店もありました)。
この3つが潰れて、一番クォリティが低かった現東宝ビル(旧コマ劇)の前のお店が生き残ってるのが本当に謎です。

そしてピンキーはこの中でも私が最も足繁く通ったお店です。
嬢の質でいえば甲乙つけ難かったのに、なぜこの店に通ったかというと1つ秀逸なオプションがあったからです。

このお店は中央のステージ側にのぞき窓があるだけでなく、個室のドアにものぞき窓があり、上演中は中央のステージだけではなく個室の外側の通路にも別の踊り子さんが巡回し、ドアの前でセクシーポーズを取ってくれるというサービス満点なお店でした。

そしてオプションの1つに「プライベートダンス」なるものがあり、これがすばらしかったのです。

確か1500円くらいの別料金を払うと外を巡回している踊り子さんがドアを開けて入ってきて、客のリクエストに応えて様々なポーズを超接近戦で堪能させてくれるのです。

ここに通うころには既に汚れきった大人になっていた私は、躊躇することなくプライベートダンスをチョイスし、全裸にロングブーツを履いた恐ろしく美人でスタイル抜群のおねーさんに顔のド真ん前にケツを突き出してもらってア○ルとマ○コを両手でガバっと開いてもらうというエゲツないポーズをキメてもらっていたりしましたw

脚からのおさわりは厳禁でしたが、ノリのいい踊り子さんだと膝に乗ってくれたり耳に息を吹きかけてくれたりと中々楽しいハプニングもありました。

以上、のぞき部屋の思い出を語ってきましたが、復活しないかなあとたまに思います。
どこも常に満員御礼な感じだったので経営難とかでの閉店の可能性は少ないんじゃないかな?

やはり石原知事の浄化作戦の影響もあったのかなと思います。
確かにボッタ店は一時期あれで減りましたが、近頃のニュースを見てるとボッタくりの被害はまた増えているように思います。
それでいてのぞき部屋に限らず当時あった優良店はもう復活することはありません。
取り締まるなら継続的に監視を続けてほしいものです。


なんだか最後若干真面目な感じになってしまったw
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

【番外編】「のぞき部屋」というジャンル(前編)

またも番外編です。
エステ情報でもなんでもないので興味のない方はスルーしてください。

みなさんは「のぞき部屋」という風俗業態をご存知でしょうか?

私が知る限り都心で残っているのは新宿歌舞伎町の1店舗のみなのでウン十年風俗通いをしてるような人でもないと恐らく体験したことはないんじゃないでしょうか。

簡単に説明するとまず中央にステージがあり、踊り子の女性はそこで踊ったり様々なパフォーマンスを行います。
そしてそれを取り囲むように個室がぐるりと配置され、男性客はそこに入りのぞき窓越しに踊り子さんを堪能します。
のぞき窓自体はマジックミラーになっており、踊り子さんや他の客から個室内が見えることはありません。
1回2000円程度と非常にリーズナブルなお値段でした。

風俗の一形態ではありますが他のヘルスやソープといったものに比べるとああまりにも特殊です。
ストリップ劇場に近いものがありますがそれともやはり違います。
なんせ嬢(踊り子さん)と客は基本一切顔を合わせないのですから。

個室の中で客が何をするかは、店や他の客に迷惑がかからない範囲であれば基本的に自由です。
まあ、純粋に踊り子さんを眺めて満足するようなピュアな人種は初めからストリップに行くと思うので私を含む8割がたの客は自家発電に勤しんでいると思われます。

お店によっては(ほとんどのお店でやってたけど)オプションとして踊り子さんとは別の嬢が個室に出向いてくれて抜いてくれる(手古希~GFまで)サービスもありましたが、結構割高なので利用する人は少なかったように思います。

なんで急にのぞき部屋について書こうと思ったかというと、私の風俗デビューがこののぞき部屋で、冒頭でも述べたとおり今やほぼ絶滅状態の現状になんだか寂しくなり、記録として残しておきたいなと思ったからです。

とりあえず私の記憶に今でも鮮明に残っている2つのお店について書きたいと思います。

■池袋某店
記念すべき私の風俗デビュー店です。
なのに店の名前を忘れましたw
そしてここで接客してくれたお姉さんがとてもいい人だったのです。

デビューで印象最悪なお姉さんに当たったらそれ以降風俗なんて行かなかったでしょう。

そのお姉さんに私の人生は狂わされたといっても過言ではありません。

場所はヤマダ電機LABIの裏あたりにありました。
水色の入り口に「のぞき部屋」とでかでかと看板を掲げ、2階へ続く階段をあがると受付がありました。
なにせ17年近く前なので詳細はほぼ思い出せませんが、バイト代を握り締め凸しました。

個室に入った私の目に「オプション表」なるものが飛び込んできました。
その中に燦然と輝く「GムFラ 4000円」の文字
※値段はうろ覚えで適当ですw

まじか・・・生身のおねーさんの裸が見られるなんて最高じゃんと思って来たらその先あんのか・・・・。
オプションの有無を確認するために開演前におねーさんが各個室を巡回してきます。

おねーさん「オプションどうしますか?」
愛想なく、感情のこもってない声で聞かれます。
私「あ、ああの、GGGGGムFFFFラをおねおねおねお願いしますグフゥ」
おねーさん「はい??」
私「デュフフコポォ」
しどろもどろになりながらも何とか要求を伝えます。
サービスには開演後5分くらいで担当が来るとのこと。

色々諸注意のアナウンスの後ブザーがなり、中央のステージに照明がつき、踊り子さんが現れます。
もはやどういった嬢が出てきて、どんなパフォーマンスをしたかは覚えていませんw

ただ、これは恐らくのぞき部屋全般に言えることだと思いますが、踊り子さんのルックスレベルは平均して高いです。
やはり「見て楽しむ」ことをメインにしているので、顔もそこそこ以上、肌はスベスベ、スタイルも抜群な嬢をそろえています。
私が凸したお店に限って言えばひどいと思ったルックスの嬢は存在しませんでした。

おおおーこれが生の女体じゃああああとかぶりつきで眺めていると個室のドアをノックする音。
オプションサービス担当嬢の登場です。

これももはや記憶は曖昧ですが、上半身裸のパンツ一丁にガウンを羽織ったような格好だったと思います。
多分踊り子さんが中央でのパフォーマンスの担当外の時にオプションサービスを担当していたんでしょう。

おねーさん「こんにちわー お待たせー じゃあサービスしますねぇ」

開演前に確認に来た嬢とは真逆の非常に愛想のいいおねーさんでした。
おねーさん「じゃあズボンとパンツをおろしてもらってもいいかな?」
私「は、はひぃいい」
アワアワしながら指示に従うと、おしぼりで軽く拭かれて慣れた手つきでGムを被せられます。
おねーさん「おpいくらいなら触ってもいいよ?」
私「ファッ?まじですか?」
もうどんな感触だったかなんて忘れましたが、このおねーさんも踊り子さんをやってるだけあって締まるとこは締まり、出るとこは出たすばらしいプロポーションでした。

おねーさん「ウフフ じゃあいきまーす」

パクっ

ええ、はい。初Fラ体験です。

光の速さで逝きました。

出した後、おねーさんがおもむろに私の耳元に顔を近づけてくるではないですか。

??!?と思っていると

おねーさん「よかったぁ おにーさんtんtんすごいおっきいから逝かせられるか不安だったのぉ」

違う違う!違うんです!
巨根自慢をしたいわけじゃないんです!
おねーさんの優しさエピソードとして不可欠なくだりなんですよ!

おねーさん「じゃーねえ ありがとうございましたぁ」

事後処理を手早く済ませニコニコ笑顔で個室を跡にするおねーさん。

全てはここから始まったんですね・・・(しんみり

さて、少し長くなってしまったので、ここまでを前編とし、残りは後編で語ろうと思います。

Luxroom渋谷

ずいぶんと時間が空いてしまいました。
仕事だったりプライベートだったりと色々忙しかったので・・・。

でも記事にすべき訪問店が溢れかえってるのはなぜだろうw

さて、久々の更新は数か月前に行った渋谷のお店です。
20代後半以降ほとんど行くことがなくなった渋谷ですが、わざわざ足を向けました。

その日行こうと思っていたお店に連絡してみると指名嬢の予約が一杯。
その時点でエステ難民確定となり必死にお店を探します。

ええ、大人しく帰るなんていう選択肢はありません。

情報サイトに気になるお店があったらその体験ブログを探し、興味がわいたら凸が基本的な流れです。
その結果、今回はタイトルのお店の”とあるサービス”に俄然興味がわき、予約しました。

時間10分前くらいに指定の交番前に到着。
そこから電話で具体的な場所を教えてもらいます。

電話対応は男性スタッフだったのですが、非常に丁寧でわかりやすい説明で好感が持てました。
このお店も例にもれず通常コースと若干高めのデラックスコースなるものが用意されてるのですが、
表面的な違いはセラピストの衣装です。
通常だとTシャツにホットパンツですがデラックスだと水着です。

別に水着に魅かれるわけではないですが「もしかしたら内容も・・・」と考えてしまうのがエスター()の性です。

大抵のお店は予約時にコースを聞いてきて高めのコースを推してくるのですがこのお店はそういう気配がありません。
なのであえてこちらから聞いてみると
「ああ、コースは担当のセラピストを見てから決めていいですよ」
「特にこちらからおすすめするようなことはないですが、デラックスを皆さん選択されますね(暗黒微笑)」

策士だなこいつw

でも、客側からするとありがたい対応なんじゃないでしょうか。
客が何にも言ってないのに要りもしないオプションがゴテゴテついて4000円も高くなるコースを勝手に設定する某新宿の「ギ○ギラ東京」とかいうデリヘルよりよっぽどいいです。

時間ちょうどに指定のマンションの部屋に向かい、担当嬢とご対面です。

うーん。。。。。
年齢はわりと高めで顔もタイプじゃないですが、身体はほどよくムチムチで悪くない感じ。

はい、デラックスコースにしましたw

セルフシャワーからの、なんとNO神Pスタイルです。
他の方の体験ブログだと神Pありだったのですが、コースの違いか?

ベッドにうつ伏せになると、ついに私が気になった”ある点”の全貌が明らかになります。

このお店、ベッドに顔を入れる穴があり、その下にモニターがあり3点ポイントから施術部屋を映した定点カメラの映像が見れるのです。

担当セラピストがすごいタイプだったり衣装が際どかったりしたら少しでも長い時間見ていたいというニーズは多いと思いますが、大抵のお店は施術時間の半分はうつ伏せです。

このモニターはそんな客のニーズを具現化したものです。
今までありそうでなかったサービスなので素直に感心しました。
人によっては見えないほうが妄想が膨らんで・・・という方もいると思いますがw

施術自体は至ってオーソドックスでしたが、NO神Pならではの「事故」は随所に盛り込まれ、それなりに楽しめました。
ただ、こちらからのオイタに対する寛容度はほぼゼロで、自家発も禁止でした。

もっとモニターの特性を活かせれば面白い店になると思います。
例えばうつ伏せ施術中も嬢が「見られている」ことを意識してちょっと際どいアングルにするとかw
今回に限って言えば特に意識している感じもなく、淡々と施術していたのが残念でした。

私が凸した当時に比べるとセラピストの数も格段に増えているので中にはセンスのある嬢もいるかもしれませんw
プロフィール

へら

Author:へら
メンズエステ訪問記事を中心に書いてます。
基本日本人・アジア系問わず雑食です。
たまに風俗訪問記事も書くかもしれません。
掲載内容についてお問い合わせ等あればツイッターもしくは該当記事等のコメントよりご連絡ください。(管理人限定閲覧の指定も可能です)

ツイッターアカウントはこちら

ランキング参加中
↓クリックして頂けるとありがたいです

人気ブログランキングへ

広告

見放題ch プレミアム

アダルト動画

最新記事
スポンサーリンク
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR